ほどよい都会、気軽に行ける都会 広島

私は広島の隣県である山口で生まれ育ちましたので、小さいころから何度も広島に行きました。

広島に初めて行ったのは幼稚園児の時で、宮島に行きました。そのとき私が持っていたお気に入りのタオルを鹿に引きちぎられてしまった、という苦い思い出があります。

小学生になってからは、母親と長期休暇の度に広島に行きました。広島駅から路面電車に乗って本通り近辺に行くときのワクワク感をよく覚えています。本通りはお店が沢山あり、見ているだけであっという間に時間が経っていました。私の住んでいた場所は田舎でしたので、広島は私にとって気軽に行ける都会というイメージでした。

小学校高学年のときには社会見学で広島へ行き、原爆ドームを訪れました。クラスメート達と作成した千羽鶴を代表で渡したことを記憶しています。

それまでは家族と行くことが多かった広島でしたが、高校生になってからは友人と行くことが多くなりました。相変わらずよく行く場所は本通りでしたが、見るお店はおもちゃ屋さんから服、化粧品のお店に変わりました。買い物といえばいつも広島でした。

広島は大阪や東京と比べると規模はもちろん小さいですが、ほどよく都会で、気軽に行ける都会である広島が私は大好きです。

久しぶりに思い出したのは、各地の回線速度を調べてて、今は広島でも早いんだなってのをみて(参考:uqモバイル広島area.xyz)いたからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です